早期治療で乳癌は完治する|セルフチェックでスピード発見

ガッツポーズの女医

希望を伝えて最適な方法を

病院

癌を知り、希望を伝える

乳癌治療の基本は、「手術」「放射線療法」「薬物療法」です。どの治療をどのような順序で受けるのが適切かを判断するためには、乳癌の性質を知る必要があります。〃敵〃を知らずして戦いに勝てないのです。現代の乳癌治療に大事なポイントが情報です。そのうえで、患者さん自身が乳癌治療に際して希望することを、担当医に遠慮せずに伝える必要があります。最近の乳癌治療は、患者さんの命を守るだけでなく、QOL、つまり生活の質を保つことを目指ようになっています。また、治療の選択肢も増えています。医学的に許容される範囲内で、希望に沿った方法を専門医は提示してくれます。もちろん、患者さんの希望が何でも実現できるわけではありません。

最適な方法を選ぶ

患者さん自身の耳に心地よく響く話が、医学的に本当に正しいとは限らないので、情報を正しく理解する必要があります。多くの選択肢のなかから、自分に最適な方法を選ばなくてはなりません。しかも、治療の順序、手術の方法、薬物療法の種類など、決めなければならないことは山ほどあります。すべてを患者さんが自分で選択するのは困難を伴います。治療決定に際しては、担当医の説明を聞いて、最も勧められる治療に納得がいけば、それを受けるのがベストですが、もし迷いがあるのなら、セカンドオピニオンの意見を求めることをお勧めします。治療は、自分自身が納得したうえで受けることが重要です。すべての医者が100%的確に病気を診断できるわけではないので、保険としていくつかの医療機関を受診しておきましょう。